スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

君が好きだから・・・((第①章

 

今から・・・・


中×馬場の小説・・・・がんばるぜ!!!


まず、BGMかけたまえ!!㊦

 





本当に・・・




嫉妬深いんだよ・・・・








俺は・・・・・・・









だから・・・・








俺以外の人間と喋んないでよ・・・・・












お願いだから・・・
















・・・ばーちょん・・・・・―――


















―――――・・・・立海テニミュ控え室












静まり返った控え室で、俺とばーちょんは2人っきりだった・・・















「・・・・・・・・・。」






「雅・・・?どうしたのさぁ。。・・・黙りこんじゃって。」




「・・・・・・・・・。」





「・・・・無視しないでよ。・・・雅。」




「・・・・・・・・・・。」




「・・・・。さっきビデオまわしてた時さぁ。。一言も喋んなかったよね。」



「・・・・それが?」



「なんかあった?」



「・・・・・別に。」





「・・・・・・・・なんか、酷くないさっきから。」




「・・・・・なにが??フツーなんだけど。」



「雅・・・。喧嘩売ってんの?!!」



「別に、喧嘩しようと思ってないし。」



「なんか、その言葉使いムカつく・・・・」



「何。アンタがわるいんでしょ。」


「俺、なんかしたかよ!!」




「手を胸に当ててよーく考えてみれば。」





「・・・・・・。わかんねーよ!!!」




「・・・・・・・・・・・。。ばーちょん・・・」







・・・・ダンッ・・・―――







「・・・!!!!ま、雅!!!なにしてんだよ!!!」



「判らせてやるよ・・・・・・ばーちょん。」





雅はばーちょんの上にのり首筋に接吻をした・・・





「・・・・・っやぁ・・・雅・・・」





「・・・・・なんで・・・・・・・」




「ま、雅・・・・・っ。。」





「・・・・・・もう・・・いい・・・」





「・・・・・。」





「ばーちょんは・・・俺の気持ちわかんないから。。」





「・・・・・・・・・雅・・・」












「・・・・・・好きだったのに・・・・。」











・・・・・・・雅は、走って控え室を後にした・・・・。。








「・・・・・・。。なんで、わかんねーんだよ・・・・っクソ!!」












・・・・・・・控え室―――・・・・








「・・・・・雅、俺は・・・・」










「鈍いよね・・・徹は・・・・・。」





「・・・・!!・・・・桐・・・・・・・山・・・・・・・」








END(第①章)









スポンサーサイト
 
 

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

つづきお!!!つづきお!!つづ(ry

ごめんよなんかコメント多い。。。
 
†*:;プロフィール;:*†

聲 Eru

Author:聲 Eru
性別:女 (ちょぃ腐ってる?w
誕生日:1993年7月30日
特技:愛するものをとことん愛す(^ω^)
趣味:絵を描くこと・ハンゲーム(ID:£ёγчゞ)


好きなアーティスト:アンカフェ・ガゼット・アリス九號.・彩冷える・雅‐miyavi‐・サンホラ・アリプロ ect

好きな漫画&アニメ:REBORN!・D灰・ブリーチ・ひぐらしの鳴く頃に・ガンダムSEEDシリーズ・ハルヒect

好きな俳優:瀬戸康史・水嶋ヒロ・Dボ・ピュアボect




ほかテニミュとか愛しております
V系好き様とは是非お話したいです←

†*:;;メールフォーム:*†

名前:
メール:
件名:
本文:

†*:;最近の記事;:*†
†*:;最近のコメント;:*†
†*:;最近のトラックバック;:*†
†*:;;月別アーカイブ:*†
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
+メロパー+
+ブログランキング+
皆様!!一押ししてください!!!

FC2ブログランキング

初音ミク
+音楽+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。